m3 All rights are reserved by
"HO & Associates"
NEXT

「高齢老人の海外一人旅」No.1
 

2023/02/18 16:20、sntsn454@yahoo.co.jpのメール:
大村さん
長時間のフライトも大仕事でしたね。目的達成されたようでよかったですね。
しばらくは休養を。河島


河島 さんが指摘されたように、老人の海外旅行が時間的にも
大変なことを実感した旅でした。 少しは旅慣れていたつもりですが、
昔の記憶は薄れ、判断能力、記憶力も衰え、目や耳も思っていたより
機能せず、それに加えロシヤのウクライナ侵攻が原因で色々と
影響が出ていることもあり、思ったよりも困難に直面しました。

エアフランスで羽田からパリへの直行便は、ロシヤ上空を経由する
最短ルートが取れないため、昔の北回り、アンカレッジの中継なしで
パリに入ったため、14時間以上かかりました。 

もっともこれは、パリの空港で早朝からのすごい混雑や、広い空港
での入国手続き、手荷物検査、チェックインした荷物の引き取りに
予想以上に時間がかかったこと、当日フランス公共交通機関の
ストライキにぶつかり、空港からパリ市内に入る高速道路が大渋滞
していたことなどもあり、自宅を出てからパリのホテルに入るまでに
22時間を超える時間を費やしました。

帰りも、AFの南回りで飛行時間はモンゴル、中国上空を経て12時間、
ここでもトラブルが有ってパリのホテルを出て自宅に着くのに23時間を
要したのです。 主な理由はまたまたストライキに遭ってしまったこと、
空港での何千人にも及ぶ出国手続きを待つ黒い人の波にぶち当たった
ことでした。

やっと自宅に着いた時は疲労困憊でしたが、まだ緊張があったので
あまり疲れを感じていませんが、やっと今はホッとしています。

小生、先週のリモート38D会合への参加ができないことの理由に対し、
松浦氏から「祝いのリモート会をやろう」との有難い提案があり、また
何人かの方からもお祝いの言葉をいただき、大変光栄、本当に
ありがとうございます。 小生としては、お礼の意味と自らの呆け防止
を兼ねて「高齢老人の海外一人旅」を書いてみる気になりましたので、
主に失敗談になるのだと思いますが、4〜`5回に分けてこんな調子で
書いてここに載せたいと思っています。 よろしくです、

大村______________

item4
BACK NEXT